国立大学法人 和歌山大学

国立大学法人 和歌山大学

Contents

施設

 和歌山市高松地区の閑静な住宅街のなかにたたずむ和歌山大学松下会館は、パナソニック創業者・松下幸之助氏の寄付を受け、1961年(昭和36年)に竣工されました。設計者は、綿業会館(大阪府大阪市)や自泉会館(大阪府岸和田市)など、戦前から戦後にかけて数多くの名建築を手がけてきた渡辺節氏であり、穴あきブロックに掻き落としのモルタル、そして茶色のタイル張りが目を惹く洒脱な外観が特徴です。
 和歌山大学松下会館の落成当時は経済学部学生会館として用いられており、学生が青春を語らう憩いの場でしたが、1986年(昭和61年)に経済学部キャンパスが現在の栄谷地区に移転されてからは長らく活用されていませんでした。
 しかし、1998年(平成10年)に和歌山大学生涯学習教育研究センター(現在の和歌山大学松下会館事務室)が和歌山市高松地区に設置され、和歌山大学松下会館はふたたび「まちのなかにある大学」として活用されることとなりました。
 現在の和歌山市高松地区は、和歌山大学をはじめ、放送大学和歌山学習センターや隣接するきのくに志学館とともに「生涯学習の文教地区」として地域住民の学びの場となっています。